2011年05月13日

2011/5/13

20110513_1s.jpg 20110513_2s.jpg

20110513_3s.jpg

本年収穫した2011ヴィンテージより、これはゲビュルツトラミネール・デザートワインです。

醸造家ロッドより:
「バラが凝縮されたような濃厚な香りが優雅に漂っています。ハニーのような風味のデザートワインが多い中、NZではゲヴュルツトラミネールをデザートワインにするのはめずらしく、今から素晴らしい仕上がりが期待できます。」

20110513_4s.jpg 20110513_5s.jpg

こちらは発酵終了直後のシャルドネ2011ヴィンテージです。

20110513_6.jpg

メルロー2011ヴィンテージです。
美しいプラムの香りと土っぽくアロマテックな風味がカラーともに強く豊かに出ています。

20110513_7s.jpg

 

20110513_8.jpg

20110513_9s.jpg 20110513_10s.jpg

これは黒葡萄の梗を取り除く機会です。 房の重量の5%程度で渋みや苦みがあるので仕込時に取り除かれます。

果肉は重量の約80%で、果汁を大量に含み、糖類なども含まれます。 果皮は房の重量の約10%で、風味となる成分を多く含み、黒ぶどうでは色素を含みます。 種子は房の重量の約5%で、一つの果粒に2~3個あり、渋みを含みます。

20110513_11s.jpg
一番手前のステンレスタンクは5000リットルです。

20110513_12s.jpg 20110513_13s.jpg

黒葡萄(赤ワインになる)は梗を取り除いたのち、果肉、果皮、種子を一緒にタンクに入れます。
タンク内部は約20℃から25℃に調節され、イーストを活発な状態に保ちます。
ワインをパンプでタンクからタンクへ移し、かき混ぜワインを空気に触れさせることによって、風味、味わいを深める効果があります。
パンプ作業を毎日2回、イーストの状態を見ながらおよそ28日間行われ、発酵が終了します。

20110513_14s.jpg
こちらは大沢ワインリザーブ専用の特別注文のステンレスタンクです。一つのタンクに2400リットル入ります。
発酵の際に最も重要な温度の微妙なコントロールを行います。
こちらのタンクで行われている発酵はあと数日で終了します。

20110513_15s.jpg 20110513_16s.jpg

20110513_17s.jpg 20110513_18s.jpg
こちらは、小容量で行なう時の発酵のタンクです。
右写真は、果汁を取り出した後の果皮と種子です。

20110513_19s.jpg

アーカイブ
2019年10月 (1)
2019年9月 (1)
2019年3月 (1)
2019年1月 (2)
2018年11月 (1)
2018年5月 (2)
2017年3月 (2)
2016年12月 (2)
2016年8月 (1)
2016年7月 (2)
2016年4月 (2)
2016年3月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (2)
2015年11月 (7)
2015年9月 (5)
2015年8月 (1)
2015年6月 (5)
2015年5月 (4)
2015年4月 (1)
2015年3月 (8)
2015年2月 (2)
2015年1月 (4)
2014年11月 (4)
2014年10月 (3)
2014年9月 (1)
2014年8月 (3)
2014年7月 (6)
2014年6月 (2)
2014年5月 (1)
2014年4月 (2)
2014年3月 (9)
2014年2月 (4)
2014年1月 (4)
2013年12月 (1)
2013年11月 (6)
2013年10月 (5)
2013年9月 (4)
2013年7月 (2)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年4月 (2)
2013年3月 (5)
2013年2月 (3)
2013年1月 (2)
2012年12月 (3)
2012年11月 (4)
2012年10月 (6)
2012年9月 (7)
2012年8月 (3)
2012年7月 (2)
2012年5月 (2)
2012年4月 (3)
2012年3月 (5)
2012年2月 (3)
2012年1月 (4)
2011年12月 (3)
2011年11月 (5)
2011年10月 (2)
2011年9月 (3)
2011年8月 (3)
2011年7月 (2)
2011年6月 (4)
2011年5月 (3)
2011年3月 (4)
2011年2月 (2)
2011年1月 (9)
2010年12月 (2)
2010年11月 (5)
2010年10月 (4)
2010年9月 (8)
2010年8月 (3)
2010年7月 (1)
2010年6月 (2)
2010年5月 (5)
2010年4月 (9)
2010年3月 (3)
2010年2月 (6)
2010年1月 (7)
2009年12月 (2)
2009年11月 (1)
2009年10月 (2)
2009年9月 (8)
2009年8月 (4)
2009年7月 (6)
2009年6月 (2)
2009年5月 (6)
2009年4月 (4)
2009年3月 (7)
2009年2月 (3)
2009年1月 (6)
2008年12月 (4)
2008年11月 (7)
2008年10月 (3)
2008年9月 (6)
2008年8月 (2)
2008年7月 (10)
2008年6月 (7)
2008年5月 (5)
2008年4月 (9)
2008年3月 (4)
2008年2月 (6)
2008年1月 (10)
2007年12月 (8)
2007年11月 (8)
2007年10月 (11)
2007年9月 (9)
2007年8月 (7)
2007年7月 (7)
2007年6月 (8)
2007年5月 (9)
2007年4月 (6)
2007年3月 (5)
2007年2月 (5)
2007年1月 (5)
2006年12月 (5)
2006年11月 (7)
2006年10月 (8)
2006年9月 (2)
2006年8月 (1)
2006年7月 (1)
2006年6月 (1)
2006年5月 (1)
2006年4月 (1)
2006年3月 (1)
2006年2月 (1)
2006年1月 (1)
2005年12月 (1)
2005年11月 (2)